本文へスキップ

登記・測量・境界確定 ヒグチ設計・土地家屋調査士樋口事務所

TEL. 048-283-2345

〒334-0001 埼玉県川口市桜町3-10-1

建物表題登記たてものひょうだいとうき

▼ 建物表題登記とは

登記簿を作る登記です。最初に表題部を作るので『表題登記』
といいます。(表題部って何?という方は、豆知識コーナーをご覧ください。)
 『建物表題登記』によって登記簿に、物理的状況(所在・種類・構造・床面積)および所有者の住所・氏名が登記されます。
 以前は「建物表示登記(たてものひょうじとうき)」と言われれていましたが、法改正により「建物表題登記」と名前が変わりました。
 なお、建物表題登記は新築から1ヶ月以内に申請しなければなりません。
 建物表題登記には色々と書類が必要なのですが、登記をせずに長年経過したり、相続が発生したりしますと、書類を揃えるのに手間がかかります。新築したら早めに登記する事をおすすめします


▼ 所有権保存登記について・・・


 建物表題登記によって物理的な状況が登記されます。次に行う登記が所有権保存登記です。これによって登記簿の権利部に所有権の登記がされ、登記識別情報(従来の権利書の役割をするもの)が発行されます。
 所有権保存登記は権利に関する登記ですので、司法書士さんが代理人となり申請をします。誰に頼んだらいいか分からないという方には、信頼できる司法書士さんをご紹介致しますので、お問い合わせください。『表題登記申請⇒保存登記』と連携してスムーズに処理致します。




▼ 建物表題登記に必要な書類

 1.建築確認済証・建築確認申請書 (図面を含む)
 2.検査済証(完了検査を受けられている場合)
 3.工事完了引渡証明書(建築工事会社の実印を押印したもの)
 4.建築工事会社の印鑑証明書
 5.委任状(こちらで用意しますので署名押印をお願いします。)


※建築確認を無くしてしまった等、上記書類が揃わない場合には、他の書類が必要になります。詳しくはお問い合わせください。

『工事完了引渡証明書』の書式はこちら(別ウィンドウでPDFが開きます)



▼ 建物表題登記に必要な期間

おおまかに、受託⇒資料調査⇒現地調査⇒申請⇒完了の流れです。
書類が全て揃っていれば、
2~3週間程度です。
銀行融資の関係等でお急ぎの場合には予めお知らせください。



▼ 建物表題登記にかかる費用

 一般的な住宅であれば
8万円程度です。階数、用意できる資料、敷地の状況等により増減することがあります。建物の所在地・平面図等をご用意頂ければお見積もり致します。


ご相談は、お電話またはお問い合わせフォームからどうぞ

バナースペース

ヒグチ設計
土地家屋調査士樋口事務所

〒334-0001
埼玉県川口市桜町3-10-1

TEL 048-283-2345
FAX 048-283-2357